本文へスキップ


つみぐさ 平成29年6月号

目次

 1.漢字の義 12
 2.暮らしミニ情報
 3.UDキャストでどこでも音声解説付き映画が身近に 後編
 4.健康道場 31
 5.マインドアイ誕生物語 その2
 6. 編集後記



1.漢字の義 12
                      わこさん

1−木偏にカタカナのレ 
  読みはサツ、サチ、ふだ、わかじに
  意味は薄き木ふだのこと。故に木偏、転じて廣くカキモノの義、我が国にてはサツ といい神佛の守りフダ
  熟語は札所-フダショ-巡拝者が参詣のしるしに札を納むる寺々
     札辻-フダノツジ-昔、制札を建ておきし辻
     札差料-フダサシリョウ-札差が受ける手数料
2−カタカナのノの横に十、その下に木    
  読みはシュ、あか、あけ
 意味は指事、松柏の如く中心の赤い木をいう
  熟語は-朱印-シュイン-朱字印、朱肉の印
      朱引-シュビキ-朱にて線を引くこと
3−木偏にウ冠にカタカナのヒ
  読みはタ、ダ、かぢ
  意味は舵のこと、木堅きさま
  熟語は柁子・柁師-ダシ-かぢとり
4−木篇にカタカナのノが3つ
  読みはサン、すぎ
  意味はすぎの木
  熟語は杉戸-スギド-杉材にて造りたる戸
     杉材-スギザイ-杉の材木
5−木篇にスン  
  読みはソン、むら、いなか
  意味は一種の木の名、村、いなか
  熟語は村女-ソンジョ-いなかむすめ
      村居-ソンキョ-いなかに住むこと

これらの漢字は講談社の大字典より引用しました。


2.暮らしミニ情報
                     大滝 龍
 

筋肉鍛えて太りにくく 生活習慣病の予防にも

 「スリムな体でいたいから筋肉はあまりつけたくない」「スポーツは趣味ではないので筋肉なんてそんなに必要ない」――。そう思っている人は要注意。実は筋肉があった方がやせやすくなり、筋量を増やすことで生活習慣病の予防にもつながることが分かってきた。
 一般的に自分の筋力が落ちたことを実感するのは50歳代ぐらいからだ。だが、「実は30歳くらいをピークにして、徐々に筋肉は減っている」と話すのは、筋生理学を専門とする東京大学大学院の石井直方教授。「特に成長期にダイエット目的で食事量を減らし、しかも運動不足だった人は筋力が衰えている」という。
 筋力は加齢とともに低下する。筋力が低下すると疲れやすくなるので体を動かさなくなる。動かさないとさらに筋力が低下するという、負のスパイラルに陥りやすい。最近は職場でパソコンに向かい、じっと固まった姿勢でいる時間が増えている。多くの筋肉が使われずに弱まっていく。
■むくみの原因に
 ただ、筋力が下がっても、日常生活に支障が出ていなければ問題だとは気づきにくい。そこが勘違いのポイントだ。実は筋力低下が原因で体調不良を招いている可能性がある。筋力低下によって起こる不調の代表が冷えとむくみ。筋力が落ちると、静脈の血液を心臓へ戻す筋肉のポンプ作用が落ち、新陳代謝が抑えられ、冷えやむくみにつながる。
 また、筋力が下がって使わないようになると、体内の糖が消費されにくくなり、食後などに血糖値が高めの状態が続く。こういったことが続くと脂肪の蓄積や血管の老化が進み、やがて糖尿病や心臓病などにつながる。
 逆に「運動習慣があると、糖をより代謝しやすい筋肉に変わっていく」(糖や脂質の代謝に詳しい筑波大学付属病院の正田純一教授)。運動を続けることで、「糖を筋肉中に引き込むたんぱく質『GLUT―4』が筋表面に集まり、より血糖が下がりやすくなる。血糖の調整に不可欠なインスリンの働きも高まる」(正田教授)という。
 食事で糖質制限をする人も多いが、食事だけでなく継続した運動も血糖値を下げるのに重要なようだ。
■適切な運動を
 最近注目されているのが、筋肉自身が出しているとされる生理活性物質。例えば「イリシン」は脂肪をため込む白色脂肪細胞をベージュ脂肪細胞に変え、体に脂肪をためにくくすると期待されている。また、「IL―6」は脂肪細胞の中で脂肪分解を進めたり、筋肉への糖の取り込み量を増やしたりする。
 これらをうまく働かせるためにも、運動で筋肉を使ったり、つけたりすることが欠かせない。とはいえ、無理な運動は長続きせず逆効果になることも。自分に合ったレベルの運動をすることが肝心だ。まず自分の筋力がどのレベルにあるのかを知っておく必要がある。
 筋力を決める一つの要素が筋量だ。研究では画像診断で筋肉の断面積から判断するのが一般的だが、「家庭なら、体組成も測れる体重計で出てくる筋肉量も目安になる。日頃から確認するといい」と正田教授。
 「量だけでなく、筋肉の機能そのものが衰えていないかどうかを知ることも大切」と指摘するのは、医薬基盤・健康・栄養研究所健康増進研究部の宮地元彦部長だ。筋肉量はあっても、硬く凝り固まっていたのではうまく働くことができない。
 機能も含めて筋力を知るには、「日常の動作で確かめるといい」(加齢と体力の関係を研究する筑波大学大学院の田中喜代次教授)。例えば歩くスピードも目安になる。誰かと一緒に歩いていて、「ゆっくりのつもりはないのに自分だけ遅れる人は要注意」(石井教授)。
 もっと詳しく自分の筋肉について知りたいという人のために、田中教授が開発したのが「筋肉年齢」だ。筋肉年齢は瞬発力や持久力といった筋力と、その筋力をスムーズに発揮するのに必要な柔軟性を掛け合わせて算出する。その測定法の一部が下記の図に示した4つ。筋肉の衰えが目立つ女性向けで、柔軟性では関節の可動域が広いかどうか、周辺の筋肉が凝っていないかどうかなどがポイントとなる。
 「個々人の体格の違いもあるので、筋肉年齢はあくまで目安」(田中教授)だが、算出した筋肉年齢が、実際の自分の年齢より3歳以上、上回っていたなら、運動を始めるなどの対策を考えたほうがいいだろう。

筋肉年齢を測るための4つのテスト
((すみ字にはイラストあり。省略))
1 肩の柔軟性をみる「バックスクラッチ」
@ 左腕を頭上に伸ばし、肘を曲げて手を背中に回す。右手は下から伸ばし、両手指先を近づける。((右手の甲を背中につける))
A 両手中指の先がどれだけ開いているか。触れていれば「0」、重なっていたら「プラス」、離れていたら「マイナス」。左右行い、平均値を出す

2 足腰の柔軟性をみる。椅子で体前屈
@ 椅子に浅く腰掛け、右脚は膝を伸ばしてかかとを床に、爪先は天井に向ける
A 息を吐きながら腰を曲げ、両手中指を爪先に向けて伸ばす。右足親指と手の中指の先の距離を測る。触れていれば「0」、爪先を越えたら「プラス」、届かないと「マイナス」。左右行い、平均値を出す

3 腕の筋力を測る。壁腕立て伏せ
@ 壁際に立ち、肩幅より腕を広げて肘を伸ばし、両手を壁に。脚は肩幅に開き、壁から大きく一歩下がる
A かかとを床につけ息をはきながら肘を曲げ、壁に顔を近づける。これを1回とし20秒間に何回できるか
 
 4 脚の筋力を測る。ももあげ
@ 立って手のひらを下に向け、肘を骨盤辺りに保つ
A 手のひらの高さまで膝をあげる。20秒間に左右交互に何回もも上げできるか

(注)「大人の体力測定」(メディカルトリビューン)を基に作成


筋肉年齢の計算
 上記の4つのテストの結果(1〜4)と自分の年齢から計算

テスト結果={0.041×1(センチメートル)}+{0.017×2(センチメートル)}+{0.154×3(回)}+{0.113×4(回)}−6.094

筋肉年齢(歳)=(−3.688×テスト結果)+(0.832×実年齢(歳))+
11.964

(例)46歳女性の数値が1−2 2−7 312 424なら筋肉年齢は56歳。
実年齢を3歳こえていたら筋肉が衰えているので要注意

(注)女性のデータを基に作られた式なので男性では多少ずれるが目安にはなる


(2015年9月5日付 日経新聞電子版より)


3.UDキャストでどこでも音声解説付き映画が身近に 後編
                     かず

 前回はUDキャストとはどういうものであるか、利点や課題などについて記した。今回は今後の取り組みや課題解決方法などについて記す。

「今後の取り組み」
 このUDキャストは、映画などに挿入されている音声電子透かしとスマートフォンなどに取り込んだ音声解説に必要なデータを同期させて動いている。と言うことは、電子透かしに載せる情報データをいろいろ変更することにより、音声解説以外のデータを同期させることも可能なのである。そのため、映画では、音声解説以外にも今後以下のようなことが可能ではと考えている。
 1 聴覚障害者なども楽しむことができるよう台詞を文字で表示する日本語字幕機能。これについてはすでに実用化されている。
 2 外国人にも邦画を楽しんでもらえるよう外国語翻訳字幕表示機能。外国語は英語1カ国語だけで無く、数カ国語にも対応可能とも言われている。これらの機能に対応したスマートフォンよりも字幕をより自然に見るためのめがね型の端末機も市販されている。
 これらが実現できれば映画鑑賞のバリアフリーや外国人に対しての対応も進み、映画界に新しい風を吹き込み、新たな顧客を開拓できるのではと期待されている。

「映画以外の取り組み」
 映画以外でも以下のようなことについて研究・開発が行われている。
 1 美術館や博物館などで必要な方だけに音声による展示物の解説を聴くことができるようにする方法。
 展示物の近くで音声電子透かしを挿入することにより、あらかじめダウンロードしておいた解説を聴くことができるようになる。
 2 舞台演劇などで音声解説や日本語字幕を流す方法。
 音声電子透かしは手動でリアルタイムに挿入することも可能であるため、舞台演劇などでも映画と同じようなことが可能では無いかと開発している。しかし舞台の場合は、電子透かしの挿入や音声解説の読み上げはその場で人が常に行わなければならないので、まだまだ課題も多いようである。
 その他としては、災害時の情報の提供、店の前などに近づいたときの店舗情報やおすすめサービスの情報提供など、まだ具体的では無いものの、いろいろ便利に使えそうな可能性を持ったシステムである。

   
「課題を解決するには」
 次はUDキャストの課題解決について少し記してみよう。
 1 すでに製作された映画や外国で製作された洋画に音声電子透かしを挿入することができない。
 これについては、ぜひ今後の技術開発により、対応できるようにしていただきたいものである。これが実現できるとバリアフリー化される映画は飛躍的に増える可能性がある。その一方、著作権について各方面から理解をいただき、大幅に変更をする必要が生じるだろう。また、誰が音声電子透かしを挿入するのか。音声解説を製作して管理するのか。それらの費用はどうやって工面するのかなど解決しなければならない問題も多いため、実現までにはまだかなりの時間がかかりそうである。
 2 日本映画製作者連盟に加盟していない製作会社に対してもUDキャストに対応した作品を製作してもらうよう働きかけていくことが必要である。しかし、規模が小さな会社では、音声解説を製作する費用をまかなえない可能性もあるため、これをどうしていくかも考える必要があるだろう。
 3 今のところスマートフォンやタブレットにしか対応していない。
 これは、我々映画を鑑賞するものにとっての課題である。視覚障害者特に全盲者にとって現時点ではスマートフォンはけっして使いやすいものとは言えない。特に文字入力についてはむずかしいと感じる人も多く、普及しているとはまだ言えない。
 そのため、視覚障害者側としても、今後はスマートフォンもある程度使えるようになる必要があるかもしれない。しかしすぐに使える人が増えるには使い方の指導の充実など時間もかかりそうなので、上映している劇場で観賞するために必要な設定を行った端末を準備していただき、必要最低限の操作で使えるようにした状態で希望者に貸し出すなどの配慮が必要になるかもしれない。
 また今後は、視覚障害者が比較的良く使っているノートパソコンやサピエの図書を聴くためのポータブルプレイヤーなどでもUDキャストが利用できるようにするのも一つの方法ではないかと思う。

「映画のバリアフリーは取り組みが始まったばかり」
 多くの視覚障害者は、かなり以前からテレビ局に対して「緊急ニュース速報の音声化。外国人インタビューの日本語音声化。ドラマなどへの音声解説の実施」を要望していた。そして、音声解説放送については約30年くらい前から徐々に番組が増え始め、今ではけっして珍しいものではなくなってきている。NHK教育放送では約17パーセント、NHK総合では約12パーセント、在阪の民放では約8パーセントの番組で解説放送が行われている。しかし、緊急ニュース速報の音声化はまだ実現していない。
 一方30年くらい前の映画の状況はと言うと、劇場の座席の間隔は狭く、階段状になっているところがほとんどで車椅子利用者などが観賞できる状況ではないところが多かった。また作品については洋画に日本語字幕があるだけで日本語吹き替え版についてはかなり後から製作されたり、ビデオやDVDのみ製作されるなどバリアフリーの取り組みはほとんど行われていなかった。
 1990年代の後半になり、テレビの音声解説放送が増え始めたことなどから、ようやく映画にも音声解説があればという視覚障害者からの声が大きくなり始めた。2000年代に入ると、今まで主に音訳図書などを製作していたボランティアグループが音声解説も製作するようになったり、映画の音声解説の製作を主な活動とするボランティア団体やNPO法人などが増え始め、音声解説があくまでもボランティアという形で製作されるようになってきた。
 今では、点字図書館なども製作に関わるところも増え、劇場ともタイアップしての音声解説付き映画上映会も増えている。またシネマデイジーと言われる映画の音声と音声解説をデイジー形式で録音したCDを借りることもできるようになっている。
 そして近年ようやく日本映画制作者連盟も自ら映画のバリアフリーに向けて取り組みを開始し、UDキャストが誕生したのである。今後は新作の邦画については、UDキャストを利用しての上映が大幅に増えると思われる。今現在もかなり多くの作品がUDキャスト対応として製作されている。

 今後の音声解説は、プロが製作するUDキャスト対応のものと、ボランティアが製作する今までの方式のものと共存していくこととなる。
上に記した「UDキャストの課題」をすべて解決するにはまだかなりの時間が必要である。無数にある今まで製作された作品や新作でも洋画については今までの方式で製作・上映しなければならない。またUDキャスト対応の作品であっても、シネマデイジーに対応することやスマートフォンを持っていない方のために上映することなどにも対応する必要があるため、ボランティアにより今までの方式での製作も必要となることもあるだろう。
 今後はプロとボランティア団体とで情報を共有し、作品にふさわしい質の高い音声解説が製作されるよう取り組んで行く必要があるだろう。また音声解説の質を一定レベルに保ち不必要な重複を避ける意味でも、音声解説を管理する機構も必要になると思われる。
(参考) 
Palabra株式会社(パラブラ株式会社)  http://palabra-i.co.jp/
特定非営利活動法人シネマ・アクセス・パートナーズ NPO CAP(キャップ)
http://www.npo-cap.jp/


4.健康道場 31
                   わこさん

・・堺市 荒山(コウゼン)公園と多治速比売(タヂハヤヒメ)神社・・

昨年荒山公園の梅林を見に3月の第4日曜日に行ったのですが遅かった様で梅の花は殆どなくがっかり!今年はリベンジして第2日曜日にと話がまとまり泉北高速線泉ヶ丘駅から往復歩いて行きました。泉ヶ丘駅からショップタウン3番街に向って歩き突き当りを右側に行くと公園が右手にあります。前の横断歩道を渡って右側に真っ直ぐ行くと竹城台1丁北と表示した交差点があります。そこを左側に行くと、右側に宮山台中学校があり、そのまま真っ直ぐに坂を下りると竹城台4丁になり、前に坊主池をみて、左側に行くと、右側に荒山公園の入り口があります。入り口を入って左側にテニスコートの横を、真っ直ぐに行くと右側に、白や濃い赤の花が咲き、風にのってプーンと梅の良い香りが漂っています。
また、耳を澄ますと鶯の鳴き声が聞こえてきました。幼児用の遊具場もあり、家族連れの人達で賑わっていました。花(梅)見の人についてそのまま歩いて行くと、右側斜面一面に梅の木が植わっています。なんと敷地面積27000u、早咲き・中咲き・遅咲きなど50品種1400本あまりの木があります。昭和59年から60年にかけて植栽されたそうです。ここの木は簡単に手でさわることができ、私も濃い赤のかわいい小さな蕾をそっと触ってみると、柔らかく小さいと感じました。白い梅は赤い梅よりも花びらが大きく、ピンクの梅は比較的大きく感じました。ゆっくりと一つずつ触って形を味わいました。それはそれは良い香りがして心がやすらぎました。
この荒山公園は多治速比売神社の境内の一部で、神社は延喜式神名帳に記載されている和泉大鳥郡の式内社である荒山の宮とも呼ばれているそうです。今日はゆっくり梅が楽しめましたので時間も無く多治速比売神社へのお参りはやめて帰路に着きました。荒山公園は1月には蝋梅、3月には梅、4月には桜、8月には坊主池の蓮が楽しめるそうです。また歩きが無理な方は泉ヶ丘駅からバスが出ています。「竹城台口」で下車してください。一度お出かけくださいね〜。



5.マインドアイ誕生物語 その2
                    まるこ

 読者のみなさん、「マインドアイ誕生物語 その1」はいかがでしたか?新しいことをするということは、とにかく大変だということがおわかりいただけたかと思います。
 さて、やっとの思いで迎えた開所日、平成27年12月15日火曜日。誰か来てくれるかしら?と心配しながらマインドアイへ向かいました。もう何度も通った道なのに、その日は遠いこと遠いこと!最初に来てくれた人にどんな挨拶をしようか?などと考えながら歩いていました。嬉しいことに、3人の人が来てくれました。
 まず始めに、机の配置やトイレの場所など、部屋全体のイメージを理解してもらえるよう、丁寧に案内し、落ち着いたところで、熱いお茶を1杯差し上げ、くつろいでいただきました。(それからというもの、どういう訳か「マインドアイのお茶がおいしい」という評判が立ちました。)
 その日に来てくれた人たちは、障害福祉センターでコーラスをしていたメンバーだったので、マインドアイでも歌を歌うことにしました。なんとか無事に1日目を終えることができてほっとしたことを覚えています。
 オープニングセレモニーは、12月19日土曜日に行なわれました。雨にも係わらず、約30名の人が集まってくださり、盛大な式典となりました。その時にゲストとしてお迎えしたハーモニカの先生に、その後のハーモニカ教室を指導していただくこととなり、5人の人が教室に参加されています。
 今では、コーラス、ハーモニカ、スポーツレクリエーションの教室が定例のプログラムとして開催されている他、7月には折り紙で七夕飾りをしたり、秋からは編み物が流行りだしています。利用者数も増えて、月に100人の延べ人数を確保できるまでになりました。ただ、この人数は、ほとんどが支部会員で占めています。今は、会員の協力でなんとか運営できているのですが、いつまでも続くとは限りません。これからは、新規の利用者を獲得するためにも、営業活動が重要となるでしょう。2年目のこれからが正念場です。ちょうど、音声でも読めるホームページも完成しつつあるので、チラシと一緒に活用しながら宣伝にはげみたいと思っています。
 そして、昨年(平成28年)12月24日土曜日には、開設1周年の集いを開催することができました。今回のゲストは、大正琴の先生で、演奏の後、触らせてもらって興味を持った人も居たので、もしかしたらまた新しい教室ができるかも?
 この集いでは、利用者によるハーモニカの演奏やコーラス、ハンドベルの演奏も行なわれ、日ごろの活動紹介ともなりました。来賓として来て下さった市の職員からは「楽しく過ごさせていただきました。」という感想をいただきました。
 という訳で、「めでたしめでたし」といいたいところですが、課題は山積みです。
 最後に、その課題を上げてまとめとしたいと思います。
 〈開所するまでの課題〉
 1.物件の確保が困難であること:住居用の賃貸物件では、不特定多数の人の出入りは他の居住者に理解を得られない可能性があるので貸してもらえない。店舗用の物件は権利金や家賃が高額で、市の運営補助金では借りることができない等等。できれば行政で施設を確保して欲しいものです。
 2.立地に関すること:利用者が通いやすい場所が望ましい。交通機関を乗り継いで来なければならない人にとっては、往復の交通費が高くなってしまう。送迎車を用意するという案もあるが、車の購入や運転できる人材が必要となるので、かなりの費用がかかる。
 3.支援員としての人材確保が困難であること:制度では、福祉関係の有資格者が好ましいとなっているが、相当の賃金を支払わなければならない。実際のところは、視覚障害者に対して理解がある人の方が良いと思う。
 〈開所後の課題〉
 1.利用者の掘り起こし:これまでは、相談支援センター等へ依頼しているが、今後は公共施設等へのチラシの配布やホームページ等を活用して新規の利用者を獲得していきたい。今の利用者の大半が高齢者で、行政からは、「いずれは介護保険によるサービスを利用してもらうことになります。」といわれているが、それも問題で、利用者が自分に必要とするサービスを選べるようにしなければならないと思う。
 2.プログラムの充実:例えば、天気の良い日には近くの公園にでも散歩に行きたい!と思っても、支援員が2人しかいないときがある。施設を開いている以上必ず1人は待機していなければならない。利用者が3人とすると、1人で3人の人のガイドをすることになるし、ボランティアにお願いするにしても急には難しい。サービス提供中には同行援護などの複数のサービスは利用できないことになっているので、なかなか外には出られない。そんな悩みがある。
 3.ガイドヘルパーの不足:マインドアイに行きたいけど、その日はガイドヘルパーが見つからないので利用できない、ということが時々ある。そんな時、ヘルパーさんがもっとたくさん居たらいいのに!やっぱり送迎が必要なのかな?などと思い悩む。ヘルパーにしても、支援員にしても、ボランティアにしても、とにかく人材が必要だということを痛感する。
 以上のような課題が山積していますが、今船出をしたばかりです。これからちゃんと航海できるよう、がんばって行きますので、皆さんの応援をよろしくお願いいたします。


6.編集後記
                    上田 一裕

 わこさんの『漢字の義』は、木偏です。まるこさんの『マインドアイ誕生物語』はその2です。どうぞご期待ください。
 「目には青葉山ほととぎす初鰹」と言われるように初夏を代表する料理に鰹のたたきがありますね。ところで戻り鰹というのをご存知でしょうか?鰹の美味しい季節は年二回あり、春、黒潮にのって太平洋岸を北上する時期に漁獲されたものを「初鰹」、秋になり、水温の低下に伴い南下してきたところを漁獲したものを「戻り鰹」と呼ぶそうです。この戻り鰹はエサをたっぷりと食べているので魚体も一段と大きくなり、しっかりと脂がのって大変美味しく「トロ鰹」などとも呼ばれています。EPAやDPAという健康成分が含まれているだけでなく、カロリーも控えめな鰹、ダイエット中でもお勧めの一品ではないでしょうか。
 読者の皆様方にはご自愛ください。





大阪府視覚障害者福祉協会

〒543-0072
大阪市天王寺区生玉前町5-25
大阪府盲人福祉センター内

TEL 06-6772-1766
FAX 06-6772-1767