本文へスキップ


つみぐさ 平成28年6月号

目次

 1.ドクター M
 2.漢字の義 8
 3.暮らしミニ情報
 4.視覚障害者のスポーツ その15
 5.健康道場 27
 6.信長の過信、慢心、そして破滅へ
 7.編集後記

1.ドクター M  膝の痛み
                    まっちゃん

 腰痛・肩のトラブルと来て、次はリハビリでは良くお目にかかる膝の痛みについて、お話したいと思います。
 膝関節(しつかんせつ)は、太股とそれから下の下肢部を繋いでいる関節の事で、太股の大腿骨、膝の前にあるお皿と言われる膝蓋骨、それから下にある脛骨の間にある関節で、太股の前の筋肉(大腿四頭筋)、太股の裏の筋肉(ハムストリングス)、ふくらはぎの筋肉(腓腹筋)と膝の裏にある小さな筋肉(膝窩筋)が主に関わっています。
 膝関節は袋状になっており、骨と骨が直接触れないように、軟骨や靱帯、半月板などで守られており、スムーズな動きを出すために、関節液が入っています。
 膝関節の痛みを出す原因は、加齢に伴う負担の蓄積や変形、スポーツや外傷による障害、膝関節の異常を伴う病気が主な原因です。
 症状は膝の痛みで、立ちあがる、歩行する、階段など段差を上がり降りする時に痛みます。階段や坂道を降りる時などには、膝に体重の2〜3倍と言う重みがかかります。
 痛みを悪化する要因には、膝の酷使、運動不足による肥満、筋力不足、膝の変形、スポーツやけがなどによる外傷、病気等が上げられます。特に、急激な体重増加、急な動き、膝を捻る動き、急に立ちあがる、座る、歩いている時に急停止をする等は膝関節にかなりの負担をかけます。また、少し膝を曲げた状態で捻ると、半月板や靱帯に多大なるストレスがかかります。関節内での炎症症状は、痛み物質を放出したり関節液を増やしたりして 痛みが酷くなる事もあります。
 治療は、炎症がある時は無理をせず、湿布やコルセットで安静を保ち、痛み止めなどを患部に注射したり、服用します。靱帯や軟骨が切れたりすり減ったりした物は治らないため、手術等で繋ぎ直したりこすれてできた物などを取り除く手術、または人工関節などを挿入する方法で直します。
 保存的な療法に、指導に基づいての筋力強化や、炎症を治める電機療法、鍼やマッサージ等を行います。


2.漢字の義 8
                      わこさん

1−人偏に力(ちから)  読みはリョク、リキ、ロク、つとむ 
             意味はおこたらず、十分の一、三分の一、数の余
2−人偏に漢数字の九   読みはキュウ、グ、キョ、コ、かたき、あだ
             意味はつれあい、たぐい、あいて、対偶者、にくむ
             あだ、かたきはいずれも先方と此方と相対する語
3−人を横にふたつ並べる  読みはショウ、ジュ、したがう
              意味はゆるす    
4−人偏に武士の士    読みはシ、ジ、つかえる
             意味は官につく、主に役す
             本義は人たる道を学び官途につくこと
5−人偏に也(なり)((他人の他))   
             読みはタ、ダ、ほか
             意味は別のこと、別人、ヨソゴト、ヨコシマ
6−人偏に寸(すん)    読みはフ、つく、あたう
             意味はつく、さずく
             本義は人と寸の合字。寸は手の意味。即ち手に物を取り他             人にあたうる義
7−人偏に口        人偏に言うの古字
             読みはシン、まこと
             意味は疑わず、たがわず、あかし、わりふ、たより
8−人偏に中       読みはチュウ、ヂュウ、なか
             意味は中にある位、兄弟の中位
             同産の兄弟にて第二の者。故に人と中を合す
9−人偏に今        読みはケン、ゲン、キョウ
              意味は大なり、つつしむ、音楽を職とする者
これらの漢字は講談社の大字典より引用しました。


3.暮らしミニ情報
                     大滝 龍
 

100歳までボケない「ココナツオイル」の野菜レシピ その2

 <炭水化物を制限してレインボーフーズをバランス良く食べる!>
 赤(トマト、ニンジン、赤ピーマン、リンゴ、サケ、エビ、牛肉、豚肉)
  トマトの赤い色素のリコピン、赤パプリカのカロテン、サケのアスタキサンチンには強力な抗酸化力がある。
 黄(ショウガ、黄パプリカ、パイナップル、バナナ、レモン、卵黄、チーズ)
  ショウガの辛み成分ジンゲロンとショウガオールは体を温め、代謝を促す。レモンは免疫力を高めるビタミンCが豊富。
 紫(ナス、紫イモ、赤シソ、小豆、ブルーベリー、イチジク、ザクロ)
  ナスの紫色の色素のナスニンと、紫イモやブルーベリーに豊富に含まれるアントシアニンは、活性酸素の働きを抑制。
 黒(黒豆、黒ゴマ、昆布、ワカメ、モズク、ヒジキ、海苔、キクラゲ、黒酢)
  黒ゴマには動脈硬化を防ぐセサミンが、黒豆にはイソフラボンに加え、アントシアニンが豊富だ。海藻も黒に分類。
 白(大根、玉ネギ、白菜、ニンニク、大豆、鶏肉、牛乳、ヨーグルト)
  大根は消化酵素が豊富で、胃腸の働きを整える。玉ネギ、ニンニクに含まれるアリシンは、疲労回復や精神安定に有効。
 茶(ゴボウ、シイタケ、マイタケ、玄米、アーモンド、クルミ、味噌)
  クルミは人に不足しがちなαリノレン酸が豊富。糖質制限中にどうしても主食を食
べたくなったら、玄米を選びたい。
 緑(ブロッコリー、小松菜、ピーマン、春菊、キャベツ、ホウレン草)
  緑の野菜はβカロテンが豊富。ブロッコリーは抗がん作用が高く、春菊はビタミンC、Eなど抗酸化物質の宝庫。

 ケトン体食事法では、野菜と質の良いたんぱく質の摂取が欠かせない。食品を色によって7種類に分けて、それぞれを満遍なく取るとよい。特に朝はジュースにして飲むと、糖質依存を克服しやすくなる。

■ココナツオイルと好相性の野菜レシピ(1)
ブロッコリーの抗酸化力で老化を防ぐ ブロッコリーと海老のココナツオイル炒め
【材料(2人分)】
 ブロッコリー  1株
 ブラックタイガー  8尾(100g)
 ショウガ  1かけ
 赤唐辛子  1/2本
 長ネギ  1/3本
 ココナツオイル  大さじ1
 鶏ガラスープの素  小さじ1
 塩  適量
 コショウ  適量
【作り方】(1)ブロッコリーは小房に分け、600Wの電子レンジで1分半ほど加熱する。エビは殻を外して背ワタを取る。(2)フライパンにココナツオイル、みじん切りにしたショウガ、小口切りにした赤唐辛子を入れて熱し、さらにみじん切りにした長ネギを入れて炒める。(3)香りが立ったらエビを入れて色が変わるまで炒め、ブロッコリーと鶏ガラスープの素を加えて1分間ほど炒める。塩、コショウで味を調える

ココナツオイルとミルクの最強タッグ ホタテとグリーンアスパラとジャガイモのカレー ミルク煮
【材料(2人分)】
 グリーンアスパラガス  1束
 ジャガイモ  1個
 帆立貝柱(刺身用)  6個
 水  200ml
 牛乳  300ml
 塩  適量
 コショウ  適量
 ココナツオイル  大さじ1
 顆粒コンソメ  小さじ2
 カレー粉  小さじ1
 パルミジャーノチーズ  大さじ1
【作り方】(1)グリーンアスパラガスはハカマを取って斜めに切る。ジャガイモは小さめの乱切りにする。(2)帆立は厚みを半分に切り、塩、コショウをしてから、ココナツオイルを熱したフライパンで両面をさっと焼く。(3)鍋に水と顆粒コンソメ、ジャガイモを入れて中火で熱し、ジャガイモが軟らかくなったらアスパラと(2)を入れ、蓋をして3分間ほど煮る。(4)牛乳とカレー粉を加え、沸騰直前まで温める。塩、コショウで味を調える。(5)器に盛り、パルミジャーノチーズを振る

■ココナツオイルと好相性の野菜レシピ(2)
パン粉のさくさくした食感が楽しい トマトのチーズ焼き
【材料(2人分)】
 トマト(中)  5個
 ベーコン  1枚
 ピザ用チーズ  30g
 ハーブパン粉  適宜
 ※パン粉にハーブ(乾燥でも可)とパルメザンチーズを混ぜる
 塩  適量
 コショウ  適量
 ココナツオイル  大さじ1
【作り方】(1)トマトはヘタをくりぬき、横半分に切る。ベーコンはみじん切りにする。(2)トマトを耐熱皿に並べ、塩、コショウをし、ベーコン、チーズ、ハーブパン粉の順に載せ、ココナツオイルを回しかける。(3)オーブントースターに入れ、5分間ほど焼く

レモンとナンプラーでエスニック風に ニンジンとオレンジのサラダ
【材料(2人分)】
 ニンジン(大)  1本
 オレンジ  1個
 A − ココナツオイル 大さじ2、赤唐辛子(小口切り) 適量、レモン汁 大さじ        2、ナンプラー 小さじ1、砂糖 小さじ1
 塩 適量
 コショウ 適量
【作り方】(1)ニンジンはスライサーなどで千切りにし、塩をして5分ほどおき、水気をよく絞る。オレンジは房に分けて皮をむく。(2)ボウルにAを入れ、よく混ぜてドレッシングを作る。(3)ニンジンとオレンジを(2)で和え、塩、コショウで味を調える。(4)器に盛り、あればミントの葉を載せる

練りゴマとココナツの優しい甘さ 小松菜と鶏ささ身のゴマ和え
【材料(2人分)】
 小松菜  1/2束
 鶏ささ身  1本
 A − ココナツオイル 大さじ1、練り白ゴマ 大さじ2、だし醤油 大さじ1/2、 みりん 小さじ1
 酒  大さじ1
 醤油  小さじ1
 白ゴマ  適量
【作り方】(1)小松菜はさっとゆでて、4cmの長さに切る。ボウルに「A」を入れ、混ぜ合わせておく。(2)鶏ささ身を耐熱容器に入れ、酒と醤油を振る。600Wの電子レンジで1分間ほど加熱し、冷めたら手で裂いておく。(3)小松菜とささ身を「A」で和えて器に盛り、すった白ゴマを載せる

(2015年1月28日付 日経新聞電子版より)


4.視覚障害者のスポーツ その15
                     かず

フリークライミング(後編)
 
 今回は3年前に本会青年部の行事でモンキーマジックの小林幸一郎さんを招いてフリークライミング講習会を行ったので、そのときの体験などを書いてみよう。
 なお、前号の記事で、「2020年の東京オリンピックで実施されることとなった。」を「2020年の東京オリンピックで新しく採用を検討している競技の有力な候補になっている。」に訂正させていただきたい。
 平成25年3月上旬日曜日。阪急電鉄十三駅から徒歩15分くらいのところにある「シティーロックジム十三」で体験会を行った。

 窮屈なクライミングシューズ
 ジムに到着し、着替える。室内で暖房も効いているので、普通のトレーニングウェアーで十分である。クライミングシューズという専用の靴を履く。全体がゴムでできていて底がつるつるではあるが、意外と地面と密着する靴である。
そして一番の特徴はなんと言ってもきわめて窮屈である。足の指は常に曲げておかなければならないし、全体的にも周りからかなりの圧迫感を感じる。そのため、外反母趾の方が着用するのはほぼ無理であると思う。なぜこのような小さい靴を履く必要があるかというと、小さなホールドの上でも足を密着させるために必要とのことであった。

 ボルダリングで基礎練習
 準備運動をして、いよいよ講習が始まった。最初はボルダリングの壁を使いクライミングの基本の練習を行う。
 まず、小林氏から「壁を下から上まで触ってください。」と言われた。触ると、壁はほぼ垂直で、プラスティックのようなものでできていた。そして壁の至る所に本当に様々な形のホールドが多数点在していた。握り拳くらいあり、片手でしっかりと掴めるもの、横に長いもの、形は大きいが薄いので意外と手でつかみにくいもの、指先がやっと引っかかるくらいで、こんなものをどうやって掴めば良いのか全く想像できないものなどいろいろな形のものがある。ホールドは形によりカラフルな色で塗り分けられていた。色により登るコースの難易度が設定されているのである。簡単に例を挙げると、赤のホールドは主に初心者用のコースで、そのホールドばかりを使えば、比較的楽にゴールを目指すことができる。紫のものは中級者用でやや困難なルートである。などである。様々な形や大きさのホールドを設置することにより、未経験者から上級者までレベルに応じた登り方ができるルートを設定することができる。
 いよいよ登り方の講習開始である。簡単に言えば、ホールドの上に足を置き、手でホールドをつかみ、それを繰り返しながら上に登っていくのである。一つのホールドには手または足は1本しか支持することができないので、どのホールドを支持すれば体が安定し、次のホールドをつかみやすくなるのかなどを考えながら登らなければならない。
 我々はホールドの位置が解らないので、指導員に位置を口頭で指示してもらいながらホールドを自力で探して登るのである。今回は、時計の方向と距離を組み合わせた指示を聞いて探す方法で行った。「左手11時少し遠く。」と言われれば、左手を斜め上に少し伸ばしたところにホールドがあると言うことである。「右手2時遠く」と言われれば、右手をやや上で右方向に相当に伸ばさないと届かないと言うことである。足の場合は、「右膝上2時近く」「左股関節付近12時近く」などと言う指示である。「右股関節付近1時遠く」などと言われれば、足をおもいっきり高く上げて、右に伸ばさないと届かないと言うことである。慣れてくるとこの程度の指示で探すことができるようになるのだが、我々は初心者なので、「もう少し右、もう少し上にもっと足を高く上げてそこにあるホールドで踏ん張れ」などなどすごく具体的に解りやすい指示を出してくれないと探すことができない。
 さらに小林氏より、「クライミングというと腕の力だけで登ろうとする人が多いが、それではすぐに腕が疲れてしまって長い距離を登ることはむずかしい。腕の力はできるだけ抜いて、肘を伸ばしてできるだけ軽くホールドをつかむこと。腹筋・股関節の筋・膝や足首をうまく使い、まずは足がしっかり固定できるホールドを探すこと。そしてそこで下半身で体を支えられるように体全体を持ち上げること。手でつかんでいるホールドを移動して新しいホールドを力を入れてつかむのは一番最後に行うこと。」と注意された。
 最初はつかみやすいホールドで感覚も狭かったため、あっという間に3mくらいの一番上まで登ることができた。一番簡単なルートは未経験の子供でも登ることができる。しかし2回目となると、ホールドの感覚がやや広いルートとなり、なかなか足の位置を決められなくなってきた。そのうちに腕が疲れて落下してしまう。床には分厚いマットが敷き詰めてあるので、落下しても安全である。
 続いて横に動く方法なども学んだ。しかし、つい腕に力が入り、すぐに疲れてしまうし、思った以上に股関節や膝を上げるということが難しいのである。いかに運動不足で下半身の筋力が弱いのかを痛感することとなった。
     
 トップロープクライミングにも挑戦
 昼からはいよいよ野外でトップロープクライミングに挑んだ。本来ならまだまだボルダリングで基礎練習を積まないといけないレベルではあるが、今回は体験も兼ねているので、がんばれる範囲で行うこととなった。
 ハーネスを装着し、指導員にロープを持ってもらいいよいよスタート。ゴールの高さは約10mもある。最初はホールドも大きくて間隔も狭く、順調に登っていった。指導員や小林氏の声がだんだんと下に聞こえるようになった。しかし野外のトップロープクライミングは室内のボルダリングとは状況が相当に違う。まずは距離が圧倒的に長い。そのため、相当疲れてしまっても、ゴールははるか上である。また3月上旬の野外と言うことで手がかじかんできてホールドをつかむのが冷たくて痛くなる。しんどさに加えて、痛さとの戦いでもあった。上に行くに従い、ホールドの感覚が広くなり、足の位置を決めるのがむずかしくなってきた。また疲労で足や体が上に持ち上がらなくなってきて、腕にばかり力が入るようになり、疲れがたまるばかりとなってきた。指導員や小林氏は足や手の位置の方向を熱心に指示してくれているが、そのように体が動かなくなってきた。
 そしてとうとう手と足がホールドから離れてしまい、1mくらい下に下がり、ロープでぶら下がっている状態になった。ボルダリングでは落下と言うことでチャレンジは終わってしまうが、今回はまだ終わらない。さらに上に登るためのホールドの位置を探すように指示が飛んだ。けっして「もうこれで良い。終わりにしましょう。」とは言わない。指導員は常にゴールを目指すための指示のみをするだけ。けっして競技者に触れることは無い。登り続けるかギブアップするかはすべてプレイヤーの意思で決めなければならない。
 再チャレンジを行ったがゴールまで後2mくらいと言うところで、とうとうギブアップの指示を出してしまった。小林氏は2度くらい「まだがんばれる。やってみよう。」と激励してくれたが、私の動きを見て、「ではこれで今回は降りましょう。では大きな声で降ろしてください。と指示を出してください。」と言われた。降りるのも自分の判断というルールに則り、「降ろしてください。」と言う指示を伝えた。そしてやっと地上に帰ってきたのである。全身の筋肉がへとへとになっていた。フリークライミングは水泳などと同様、全身を使うスポーツなのである。
 と言うことで、わずか休憩を含めても4時間くらいではあったが、フリークライミングの初歩を体験したのであった。ゴールまで登れなかったのは悔しかったが、それだけ基礎体力が無いと言うことを痛感させられた。
 小林氏は、視覚障害者がフリークライミングに取り組むことについて以下のように述べている。

 クライミングが、自分の目標に向かって楽しみ、達成感や自分の成長を実感することが出来るスポーツであり、速く登る必要も、対戦する必要もなく、どれだけ時間を費やしても、何度失敗してもかまわない、という特性のスポーツだからなのです。またルールも至ってシンプルで、スタートからゴールまで自分の今持つ体の能力を総動員して登ればよく、登り方はその人次第なのです。このクライミングが持つシンプルなルールは、運動経験の有無、老若男女、障害の有無までを含み、さまざまな人の生涯スポーツとして、様々な人が、それぞれのペースで楽しめる所以でもあります。
 クライミングをすると何がいいの?
1.身体的効果
筋力アップ、柔軟性やバランスの改善、シェープアップ等
2.健康的な生活に貢献
どうやって登るか作戦を立てるのに頭を使う、達成感を得られる、外出のきっかけや自然の中に身を置くきっかけになる、ストレス解消
3.クライミングを通じて仲間ができる
国内は勿論、海外に行っても言葉が分からなくたって一緒に楽しめるため、世界が広がります!

 現状と課題
 今のところ、視覚障害者へのフリークライミングの普及・指導を行っているのは「モンキーマジック」1団体だけと思われる。そのため、多くのクライミングジムのスタッフ、障害者スポーツセンターの指導員の多くは視覚障害者もフリークライミングを行えることについて知らないケースが多い。またジムも増えているとは言え、都心中心である。そのため、我々がある程度安心して指導を受けられるジムはまだ極限られたところしか無いというのが現状である。
 視覚障害者でフリークライミングを常に楽しんでいる方も少ないと思われるし、このスポーツがあるということやできるということを知らない人の方が圧倒的に多いと思われる。我々が楽しむには、他のスポーツ同様、視覚障害者の特性を十分に理解して指導を行える指導員、安全面について常に見守っていただけるスタッフが必要である。また障害者スポーツセンターや視覚支援学校などにボルダリングの設備が増えることも必要である。
 東京オリンピックで正式競技に採用されると、遠くないうちにはパラリンピックでも採用される可能性もある。まだ取り組み始めて10年少しと歩み始めたばかり。今後に期待したいものである。

(出典・参考)
NPO法人モンキーマジック
http://www.monkeymagic.or.jp/


5.健康道場 27
                   わこさん

・・・今年も環状線ウォークに挑戦!・・・   
 天王寺駅から時計回りで環状線沿いを大阪駅まで半周で歩きました。まずは串カツや焼き肉のにおいが両側からただよう新世界へ。有名店前には朝から行列!行列!食欲をそそられながら我慢して通天閣下(した)を通り恵美須町交差点から今宮戎神社へ行きました。十日戎も過ぎ、静かな境内でゆっくり今年1年の家内安全、家族の健康といつまでも元気で歩けます様に祈願しました。
 戎神社を後に大黒町から環状線今宮駅を超えて右手に電車を見ながら歩くと芦原橋駅へ。駅前のバス停のベンチは太鼓形になっており両端を叩くことができます。近くの太鼓屋さんまで届いたでしょうか?そこから皆が楽しみにしている沖縄料理店がある大正駅へ急ぎました。 
 大正駅の高架下にあるお店でソーキそば、もずくの天ぷら、タコライス等々おいしく頂きました。皆さんも食べに行かれたらいかがでしょうか?お腹を満腹にして隣のお店で食材を買って出発!
 京セラドーム前を左に折れ、環状線高架下を通りすぐ右側の公園に入ってそのまま公園を抜け左方向に歩き、市岡高校を右へ真っ直ぐ歩くと左側に大きな公園と近くに弁天町駅があります。そこで一息入れて公園の出口から右手方向に行き、業務スーパーを過ぎた交差点を左側に渡り、そのまま川沿いの道を真っ直ぐ歩くと左側に安治川の下を歩くためのエレベーターがあります。そのエレベーターで川の下へ下って川向こうへ行きます。両方向に自転車の方々が多く行き来されていました。昔は渡し船があったそうですよ。エレベーターを上って真っ直ぐに行くと正面に西九条駅があり、駅の手前を右に折れ左に環状線を見ながら歩きます。
 町名表示板が藤色になった野田は「野田藤」の地元です。JR和泉砂川駅下車した梶本家の野田藤は毎年沢山の花を咲かせています。上から見ると藤の雲海でそれはそれはすごいですよ〜。
 そして福島駅へ。ここでコーヒータイムをとり、元気回復して大阪駅へと向いました。約12キロを楽しく歩くことが出来ました。今宮戎様のおかげでしょうか?


6.信長の過信、慢心、そして破滅へ 
                   今 茨木童子

 東からの脅威を除いた信長は、いよいよ西に向いて上洛を目指すが、近江国の浅井(あざい)長政が北ノ庄(現福井市)の朝倉氏と提携して自身は信長の妹を妻に迎えながら、信長に対抗した。激高して攻め込もうとする信長は、あわや敗北という瀬戸際に追い込まれながら、秀吉や家康の働きにより難を逃れ、軍勢を立て直し、姉川の戦で打ち破ったのでした。上洛して天皇にも会見して、近江国安土に荘厳な「安土城」を築城して、天下制定の礎としたが、わずかな護衛で京に入り本能寺に宿舎を取る。明智光秀は信長より毛利攻めを備中で展開している秀吉のなかなか成果の上がらぬのに、業(ごう)を煮やした信長は、光秀に援軍に行くよう命令を出した。(もし、この命令を他の武将に出していたらその後はどうなっていたでしょうか?思うに、信長の本能寺での自刃はなかったのでは) 坂本城から出兵し、京のそばを通って西に向かう光秀は、密偵から「信長がわずかの護衛で本能寺に入った」と聞き、これまでの信長からの叱責(いわばいじめ)を受けていたことの不満が爆発して兵を止め「敵は本能寺にあり」と号令を出し、兵を本能寺に向けこれを一気に攻略した。思わぬ光秀の反逆に信長は猛火に包まれた本能寺とともに灰塵となってしまったのでした。天下取り1歩前の挫折であった。絶対的な高慢さと、権力欲とで部下は十分に把握していると過信していて、よもや反逆などと思いもよらなかったであろうが、絶対の自信が慢心となり油断を見せた所に付け込まれたのは信長らしいといえるかもしれない。


7.編集後記
                    上田 一裕

 大滝 龍さんの「暮らしミニ情報」『100歳までボケない「ココナツオイル」の野菜レ
シピ その2』は今時の長寿レシピを提案しています。かずさんの「視覚障害者のスポー
ツ」ではフリークライミングを取り上げています。静かなブームを予感させる競技の紹介体験編です。どうぞご期待ください。
 6月の果物の代表にサクランボがあります。カロテン、ビタミンが豊富なわりにカロリーが低めな国産のサクランボには貧血の予防・美肌作り・アンチエイジングが期待されるようです。季節の変わり目身体を冷やさないとされる赤いダイヤで体も心もリフレッシュしてはいかがでしょうか。
 読者のみなさまにはご自愛ください。


大阪府視覚障害者福祉協会

〒543-0072
大阪市天王寺区生玉前町5-25
大阪府盲人福祉センター内

TEL 06-6772-1766
FAX 06-6772-1767