本文へスキップ


つみぐさ 平成27年12月号

目次

 1.ドクター M
 2.漢字の義 6
 3.暮らしミニ情報
 4.視覚障害者のスポーツ その13
 5.健康道場 25
 6.西陣織の由来
 7.編集後記

1.ドクター M  腰痛症
                   まっちゃん

  腰痛とは、男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状で、その数は、増加傾向にあります。現在、腰痛症の原因がはっきりわかっている物は、全体の15%で、後の85%は、原因不明と言われています。
  原因が特定できる物の代表は、腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがあります。その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となっている物もあります。また、慢性的な痛みとして、原因になる物は取り除かれていても神経が痛み信号を出し続けている物もあります。  
 不明な物には、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。長時間同じ姿勢でいる仕事、運動不足、肥満、冷え症なども原因になります。
 症状としては、文字通り“腰の痛み"です。腰痛で、医者に相談する時は、痛みの感じ方(重い、ピリピリする、痺れる等)、また動かして痛いのか?止まっていても痛いのか?また、季節的、起きる時間帯など、詳しく伝える事です。
  治療は、まずは安静にする事です。単なる筋肉痛などは、市販の湿布等で痛みを止めたり、軽いストレッチ等で症状は緩和しますが、数日たっても症状が緩和しない、また、痛む場所が広がっているような感じを受けられた時は専門医の診察を受け、骨折やヘルニア、狭窄、その他の疾患がないかを調べてもらってください。
  治療には、薬物療法(神経ブロック療法)、理学療法(腰椎牽引、電気療法、マッサージ等)、認知行動療法等が用いられます。
 鍼治療では、患部のツボを使う方法や、「委中」のように経絡的、昔から言われているツボを使う方法、あるツボを使って腰を動かすような物もあります。
 予防法には、常に腰周りの筋肉や関節を柔らかくしておく事(ストレッチなど)、正しい姿勢を保ち腹筋・背筋の筋力を強めておく事、無理な姿勢は極力しない事などです。  
 参考資料=インターネットのホームページを参考にしました。

2.漢字の義 6
                     わこさん

1-女偏にカタカナのヌ   読みはド、ヌ。ヤッコ 
              意味は人に使役せらるる男女
              古くは敵の捕虜、連座の罪人を之に用いたり
2-女偏に干す   読みはカン、ケン。おかす
          意味は婦女をおかすこと
3-女偏におおやけ(カタカナのハの下にカタカナのム)
          読みはショウ
          意味は夫の兄、夫の父。しゅうと
4-女偏に少ない  読みはビョウ、ミョウ。たえ、しなやか、わかし
          意味は年弱くして繊く(チイサク)して美しきこと
          不思議
5-女偏にくらべる  読みはヒ
          意味は亡き母。古くは母、後世は亡き母
6-女偏に方(方角の方)  読みはボウ、ホウ、さまたぐ、さまたげ
          意味はじゃま、害う。「妨害」の妨で事を破り害う事
7-女偏に母     読みはボ、モ、ボウ、モウ
          意味はかしずき、女教師。女にて人の師となり、母の如く教うる事
8-女偏にカタカナのムの下に口
          読みはシ、はじめ、はじむ、はじまる
          意味は今は一般に物のはじめをいう。
          本義は女のはじめ。
          始は陰、元(ゲン)は陽。元始といえば陰陽のはじめ也。故に1月1日を元始という
9-女偏に以上の以   読みはシ、ジ
          意味はあによめ、あね
          弟嫁より兄嫁をいう
10-女偏に土二つ   読みはアイ、ワ、エ。うつくし
          意味は女の目が円くてくぼみて、美人のこと

これらの漢字は講談社の大字典より引用しました。


3.暮らしミニ情報
                      大滝 龍

 毎日「指先体操」  脳を活性化・準備いらず
 手は「外部の脳」「第2の脳」と呼ばれ、指先を動かせば脳にたくさんの刺激が伝わる。寒さでかじかむ冬場は指先を動かすのが面倒になりがちだが、少し複雑な指先の運動を 心がければ、血流がよくなる。大脳の活性化によって「認知症予防につながる効果が期待できる」との専門家の意見もある。大がかりな準備は不要で、高齢でもちょっとした時間を使い実践できる。

 コロコロコロコロ………。1月中旬、都内で開かれた東日本旅客鉄道(JR東日本)の会員向けカルチャー教室「気晴らし健康講座」。約20人の参加者が2個のくるみを手のひらで転がしていた。指先を器用に使うことで手や指に刺激を与えるねらいで、70代が中心の参加者は楽しみながらこうした「指先体操」にとりくんだ。
 3年近く指先体操を続けている70代主婦は「リラックスできて、体がすっきりする」と満足そうだった。

■座りながらOK
 講師をつとめるウォルナッツ健康生活研究所(東京都板橋区)の堤喜久雄所長が時折ジョークをまじえ、なごやかな雰囲気で講座は続く。座りながら気楽にできるので、高齢者は体に負担をかけず長く続けられるのが特長だという。「最近は介護士や病院関係で働く人など、30〜40代も見かけるようになった」と堤所長は話す。講座で体操のやりかたを覚え、老人ホームなどで実践する人も多いという。
 体操のやりかたは簡単なものから複雑なものまで、種類がいくつもある。基本的なものでは、両手の指を曲げ伸ばす体操がある。手を広げた状態でまず親指からしっかり折り曲げる。全部の指を曲げ終わり「グー」の状態にしたあとは、小指から順にリズムよく伸ばしていく。片方の手だけ指を遅らせて動かす方法もある。動作が難しくなれば、より脳の活性化が期待できるという。例えば「指先マラソン」だ。 
 まず右手の人差し指と左手の親指、右手の親指と左手の人差し指をそれぞれあわせて、 長方形をつくる。次に右手親指と左手人差し指を離して、それぞれ反対の方向に回転させ、 また指をあわせて長方形をつくる。こうした動作を30〜60秒ほど繰り返す。
                                
<主な指先体操のやりかた>
(注)短い時間でも毎日続ける。堤喜久雄氏の資料から
足し算指曲げ
 (1)左手親指を先に曲げておく
 (2)1で両手同時に1本ずつ曲げる。順に曲げて5で左手小指を伸ばす
 (3)10まで数えると元の状態に戻る
親指グーパー
 (1)両手の指を開く
 (2)右手親指は外、左手親指は中にして握る
 (3)手を開いたあと、今度は左右で親指の位置を逆にして握る
 指先あわせ
 (1)親指と人差し指の指先をあわせる
 (2)親指と中指の指先をあわせる
 (3)親指と薬指、親指と小指と順番に指をかえる
                                
■早口ことば一緒に
 これらの動作はまだ序の口だ。いろいろな人が考案したものを含めると指先体操の種類は数えきれないほどだ。
 動作が複雑な体操を、自分で考えながらこなすと効果的という。複雑でなくても、指を 曲げるごとに回数をかぞえ、その際に単位を「1回、2個、3人」といった感じで変えていく方法もおすすめだ。「早口ことばと組み合わせたりすると脳への刺激も大きい。工夫すると長続きしやすい」(堤所長)
 指には脳につながる神経が多い。指をフル活用した体操は脳の血流量の増加を促し活性化する。体操を通じて、記憶や学習をつかさどる大脳の「前頭前野」、運動の命令をだす「運動野」、位置情報を判別する「頭頂葉」など脳の広い領域でふだんより活動が活発になることが期待される。
 杏林大学医学部の古賀良彦教授は指先体操について「認知症の進行を食い止めたり、予防に役立ったりする可能性がある」と解説する。脳の活動を計測する光トポグラフィーという装置で健康な男性の脳を調べたところ、指先体操中の前頭前野の血流量が平常時より増えていた。
 古賀教授は「指先体操は体への負担が小さいので高齢者に向いている。毎日やるのが大切だ」と継続の必要性を説く。1日10〜20分程度なら散歩や仕事の合間でもできる。  家族や友人と共にゲーム感覚で体操すれば、一人でするより長く続けられるはずだ。
 ただ、指先体操だけ実践すれば、健康な生活を送れるというわけではない。古賀教授は 「睡眠や食事を十分にとる生活習慣が大切だ」と話す。その上で指先体操を取り入れて脳の活性化を目指そう。高齢者だけでなく、若い人が挑戦してみるのもよい。簡単そうに見えて結構難しい。
 現代人はパソコンやスマートフォン(スマホ)などの操作で指先をよく動かすが、指先 体操のような効果はあるのだろうか。「脳は活性化するが、目が疲れたり肩がこったりする 弊害もでる」(古賀教授)。こちらはほどほどにした方がよさそうだ。

■一口ガイド
 本
 指先体操の方法を学ぶには ―― 「指で脳トレ」(堤喜久雄著、サンクチュアリ出版)
 脳の構造や活性化の方法などを知るには ―― 「いきいき脳のつくりかた」(古賀良彦 著、技術評論社)
(2015年1月25日付 日経新聞電子版より)

4.視覚障害者のスポーツ その13
                      かず

トライアスロン(後編)
 現状
 日本ではまだパラトライアスロンの競技者はきわめて少ない。正式な数は定かでは無いが、選手全体で100名程度、視覚障害者は20名前後くらいと思われる。競技の難易度が高く、費用も相当に必要なこともあり、誰でもいつでもできるものでも無いので、競技者が大幅に増えるものでは無いとは思われるが、パラリンピックの種目になったことや、バイク以外の種目は競技者も多く、普段から体力作りのために続けている人も多いため、今後取り組む人は増えていくと思われる。
 独立した競技団体はまだ無く、健常者のトライアスロン団体、国際的には「ITU(国際トライアスロン連合)」、日本では「JTU(公益社団法人日本トライアスロン連合)」と各都道府県に設置された団体により、統括されている。競技は一般の部とともにパラの部が設けられるものと、一般の部にパラ選手として出場ができるものがある。
 しかしパラの部が設けられている大会でも、視覚障害者が出場できる大会は非常に少ない。原因としては、タンデム自転車の公道走行が認められていない都道府県が多いということと、十分な安全性に疑問を抱いている大会関係者が多いということが問題のようである。現在日本で視覚障害者が出場できるパラの部の大会はわずか「横浜市、兵庫県三木市、岐阜県海津市」でおこなわれる3大会だけである。一般の大会に参加するにはその都度大会関係者に申し出て許可を得ないといけないというのが実情である。
 このように国内ではまだまだ厳しい状況ではあるが、JTUも昨年「JPC(日本パラリンピック委員会)」に加盟し、2016年のリオデジャネイロ・2020年の東京大会に向け本格的な選手の発掘と強化を始めている。

 課題など
 パラリンピックの種目になったとは言え、日本で視覚障害者がこのスポーツに取り組むにはまだまだ問題が多い。この競技を発展させて行くには以下のような課題を克服する必要がある。

 「競技の啓発と選手への理解」
 まだ競技者がきわめて少ないため、視覚障害者がトライアスロンをするということ自体全く知らない人がほとんどである。健常者はもちろん、視覚障害者でも同様である。私も数年前に選手の講演を聴くまではこんなものができるということを全く知らなかったし、想像もできなかった。しかし実際に出場した話を聞いて、適切な配慮と工夫をすれば不可能と思っていたものもできるのだと深く感動した。まずは、この競技の啓発を広くおこなうことが重要である。視覚障害者や一般の方だけで無く、ガイドを養成するためにも現在競技しているトライアスリートの方に対しての啓発もきわめて重要である。
 そして一番懸念される安全面に対していかに取り組んでいくのかということについて具体的な例を挙げて各競技実施団体に教育していくことも重要である。障害を持っている方に対してこんなことはできないだろう、やる必要はないという先入観を抱いている方はまだまだ多い。一歩進んで、やりたい人には思い切ってチャレンジしてもらおうというアクティブな気持ちで見守る人を増やしていく必要がある。

 「ガイドの養成」
 この競技をおこなうにはガイドの存在が不可欠である。しかし前に述べたようにガイドには高い競技力とともに、様々な能力・十分な選手との練習が求められる。日本でも盛んになってきたとはいえ、トライアスリートはマラソンランナーに比べて圧倒的に少ない。
 またガイドをおこなうことにより、ガイド自身のレースへの参加を制限されたり、記録や実力を伸ばせないと言うことも考えなければならないこともある。選手自体が少ない中、こういう条件を踏まえた上でガイドをおこなって頂ける方はけっして多くは無いと思われる。そういう中でいかにしてガイドを養成していくか、これは非常にむずかしい問題である。

 「練習とレースの環境と制度改革への取り組み」
 日本でこの競技の練習をおこなうにも問題がある。まずは、勝手に海や湖で泳ぐことは禁止されているし、危険である。現実的にはプールでのトレーニングになるが、視覚障害者がいつでも単独で使用できるプールはまだ少ない。また遊泳ロープを使用してガイドと二人で泳ぐトレーニングについては施設側が許可してくれるかどうかむずかしいのが現状である。視覚障害者のプールの利用をしやすくするためにも、いっそうの理解が必要である。
 バイクの練習については、健常者でも苦労している。日本ではレースのために自転車で安心して走れるところは競輪のバンク以外はほぼ無い。そのため、山の中などの交通量の少ない公道で注意しながら練習するというのが一般的である。これではなかなか良いトレーニングはできない。それに加えて視覚障害者には大きな問題がある。多くの都道府県ではタンデム自転車の公道走行を禁止している。そのため、トレーニングはジムでのマシンだけでおこない、タンデムバイクはぶっつけ本番というケースも多いのが現状である。また実際のレースでもタンデム自転車の走行ができないため、視覚障害者が出場できないケースも続出している。
 すべての場所でタンデム自転車の走行を認めるというのは安全面など問題もあり難しいかもしれないが、トライアスロンレースで交通規制もおこなわれている状況や視覚障害者トライアスリートとガイドが申請すれば一定の場所で走行を許可してもらえるなど、もっと柔軟に対応してもらうことができないか、今後関係者との調整が必要であろう。

 「費用と時間の課題」
 競技者が増えない原因の一つに莫大な費用が必要ということがある。レースには必ずガイドとともに出場しなければならない。そのため、遠征費など何をするにもガイドの分の費用が必要になる。また視覚障害者が出場できる日本での大会がきわめて少ないため、実力をアップするにはどうしても海外でのレースに出場することが必要となるため、その費用も必要である。
 次にタンデム自転車の購入費とメンテナンス費用がきわめて高いことである。レース用のものは最低でも数十万、良いものでは100万円くらいするものもある。修理の部品も高くつくし、レース会場への運送費も必要である。また自転車修理の技術を持った方にメンテナンスを依頼しないといけない場合もある。
 そして練習するためには、公道走行が許可されている地域の安全な場所や公道以外の安全な場所まで出向いておこなわなければならないこともあり、これにもかなりの費用がかかる。
 一方時間も必要である。ガイドと練習するにはお互いの時間を考慮しなければならないし、海外に遠征するには仕事を休めるなどの余裕を自ら作らないといけないし、それに見合う収入を確保することも必要である。一部の選手は、インターネットの「クラウドファンディング」というシステムを使って自転車の購入費などを寄付してもらう取り組みを行ったこともある。
 このように多くのハードルがあるが競技をおこないたいという人が確実にいるし、今後は増えるだろう。理解不足や制度の問題で競技を続けたいができないという事態は早急に解消する必要があると思う。
 では最後に、普通では取り組めないマニアックな競技をどうして取りあげたのだという意見を抱く方もいると思う。たしかにそうである。多くの人は気軽にこの競技を行えるとは言えない。しかしこれをヒントに新しいことができるかもしれない。
 スポーツジムなどでは、水泳をした後、バイクマシンを漕いでランニングマシンで走るという人は意外といると思う。これを一定の時間にほとんど休憩無しでおこなうとトライアスロンをしたという気分だけでも味わえるかもしれない。さらにプールとグランドがある施設や学校では、タンデム自転車があれば、職員や教員とともに、新しいトレーニングとしてミニトライアスロンに類似したものを取り入れるということもできるかもしれない。また遊泳ロープをお互いの体に装着しての水泳をうまく利用すれば、今まで危険と思われていた海水浴や遠泳などにチャレンジできるかもしれない。トライアスロンをおこなわなくてもこの競技から新しいトレーニングの発見のヒントがあるかもしれない。

(参考) 
苦労も、喜びも。チームで戦う、 パラトライアスロン視覚障害クラスの醍醐味
 http://www.paraphoto.org/?p=5209
JTU Web Magazine 公益社団法人日本トライアスロン連合
 http://www.jtu.or.jp/race/paratriathlon/15index.html


5.健康道場 25
                      わこさん

●姫路城 別名「白鷺城」
 今日は主人と平成の大修理を終えた姫路城へ行きました。どんよりしたお天気のスタートでしたがJR大阪駅から新快速に乗り約1時間で姫路駅に到着!駅を出ると真正面に噂通りの真っ白い姫路城がデンと青空の下、迎えてくれました。やっぱり晴れ男・晴れ女でしょうか?お昼前でしたのでまず駅近くのお弁当屋で各々好きな物を買い求め、広々とした大通りを気持ち良い微風に吹かれながら城手前の駐車場まで歩きました。ここは地下部分を駐車場にして地上はイベント等に使えるひろ〜い広場になっています。ここでお城を真正面に見ながらベンチでお弁当を戴きました。おしゃべりしたり、記念写真をぱちり!いざ お城へ出発!正面入り口門付近には武士や足軽等に扮装したボランティアの人が待ち受けておられここで一緒に写真をぱちり!
 修理終了後、城への入場が2時間、3時間待ちがざらと聞いていましたが・・・私達は1時間待ちとの立て看板を横目にいくつかの門をくぐり抜けて約20分位で大天守に到着!この天守閣は天を突くように威風堂々とそびえる、白く輝く大天守。その圧倒的な姿は、白い鷺が舞い立つように見えることから、別名「白鷺城」と呼ばれています。昭和の大修理から45年。「平成の修理」と呼ばれた大天守保存修理工事は、かけがえのない世界文化遺産・国宝を築城時そのままの美しい姿で次の世代へ引き継ぐため、漆喰壁の塗り替えや屋根瓦の葺き直しを中心に約5年をかけて行われました。
 大天守は外から眺めると5階建てに見えますが内部の造りは地上6階・地下1階の7階構成になっています。入り口で履物を脱いで城内部へ。修理をされたとの事でワクワク感いっぱいでしたが・・・内部は以前と同様の古色感で柱など所々補修した跡がうかがえる程度でした。勾配のきつい、しかも奥行きのない狭い踏板の階段を用心しながらワンフロアーずつゆっくり見学。大天守1階隅の3カ所に石垣に取り付く敵に石を落すための「石落し」があったり、2階には武具掛けがあり、「武器の倉庫」としても使われていたようです。5階には東西2本の大柱の最頂部で地階から5階の梁まで通柱(とおりばしら)となっています。
そして6階には、長壁(刑部)神社が祀られていました。ここからは姫路市内が涼しい風を受けて見渡すことが出来ましたが・・・私には??でした。次は私達視覚障害者にとって恐怖の下り階段です。手すりをしっかり握りながら1段1段こわごわゆっくり元の入り口まで緊張の連続で戻ってきました。
 天守閣を出て、備前丸の大木、またお菊井戸、そして明治・昭和・平成の大天守の鯱の展示を見てコーヒータイム。コーヒータイムの後、写真も撮り、西の丸も見学しました。敷地内には、歴代城主 本多家、榊原家、酒井家の説明書きもありました。おみやげを買い、姫路駅へ向い帰路に着きました。

6.西陣織の由来
                  今 茨木童子

 京都の伝統産業というより、日本を代表する伝統産業として脈々と受け継がれている絹織物産業である。その名「西陣織」の名を知らしめたのは、皮肉にも室町時代末期に台頭してきた守護大名の争いが語源となっている。1467年に対立する東に陣を張った細川勝元(11万人)と西に陣を張った山名宗全(8万人)は小競り合いはあったものの、直接の激突はなかった。応仁(おうにん)の乱である。その後50年続く戦国時代のきっかけとなった戦いであった。決着は直接対決はないまま和睦で終わり、歴史的には東の細川氏の勝ちとなっている。しかし、勝った東の陣という名称はどこにも残っていないが、敗者となった西の陣は山名氏撤退の後職人たちはさっそくここに戻り機織(はたおり)の集団を形成した(今でいう工業団地である)。都の人たちはここで織られる製品をいつの日か「西陣織」とよぶようになった(地名としての西陣という名はないが千本今出川辺りは西陣ともいわれ、今もカッタンコットンと機織(はたおり)機の音があちこちから聞こえてくる)。
 敗者となって撤退していった山名氏の居城は、但馬と播磨の境界にある竹田城(現兵庫県朝来市竹田)の山城で1400年代に築城され1600年に廃城となり人々から忘れ去られていたが、近年山頂の城跡からみる雲海(9月から11月が多く発生する)が幻想的なので、ちょっとスケールは違うが、古代アンデスインカ帝国の遺跡「空中都市マチュピチュ」になぞらえて、「天空の城日本のマチュピチュ」として、多くの観光客が押しかけている。

7.編集後記
                     上田 一裕

 ドクターMさんの『腰痛症』は、ありがちな病だけに大変参考になります。かずさんの『視覚障害者のスポーツ』はトライアスロンの後編です。どうぞご期待ください。
今年も、重大ニュースや、今年の漢字が話題となる季節となりました。来る新年が読者の皆様方にとりまして笑顔になれることが多くありますよう祈念します。



大阪府視覚障害者福祉協会

〒543-0072
大阪市天王寺区生玉前町5-25
大阪府盲人福祉センター内

TEL 06-6772-1766
FAX 06-6772-1767