本文へスキップ


図書館だより 2017年8月号 NO.177


ランキングコーナー


サピエ図書館ランキング

サピエ図書館で6月中にオンラインリクエスト(貸出希望)のあったデイジー図書と点字図書のランキングです。取り寄せて貸出もできます。

<デイジー>
1位 劇場 又吉直樹著
夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った―。『火花』より先に書き始めていた又吉直樹の作家としての原点にして、書かずにはいられなかった、たったひとつの不器用な恋。夢と現実のはざまにもがきながら、かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説。

2位 共犯捜査 堂場瞬一著
福岡県警捜査一課の皆川慶一朗は、誘拐犯を追い詰め溺死させてしまう。だが共犯者の存在が浮かび、次なる幼児誘拐が発生! 残忍な共犯者たちを追う熱き刑事魂を描く。

3位 大晦り 新・酔いどれ小籐次7 佐伯泰英著
老いを痛感した小籐次だが、熱海での湯治を経て復調。そんな中、火事騒ぎが起きる。2人の遺体と消えた娘。老中の密偵に乞われ娘探索に加わった小籐次を、八代吉宗にまで遡る怨念と暗闘が待ち構えていた。

4位 夜行 森見登美彦著
僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。長谷川さんが姿を消した夜から10年。僕ら5人の仲間は、鞍馬の火祭りの日に再会した。「夜行」とは何か。彼女と再会できるのか−。

5位 蜜蜂と遠雷 恩田陸著
養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年、かつての天才少女、サラリーマン…。ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、音楽を描いた青春群像小説。

<点字>
1位 中途視覚障害者のための点字入門 立花明彦ほか著

視覚障害者のための生活訓練施設が身近にない等、種々の事情で点字を独習される方の学習を手助けする独習用入門書。

2位 危険なビーナス 東野圭吾著
弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である夫の家族に近づく。兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てばたつほど彼女に惹かれていく。

3位 九十歳。何がめでたい 佐藤愛子著
人間は「のんびりしよう」なんて考えてはダメだということが、九十歳を過ぎてよくわかりました−。御年九十二歳、もはや満身創痍の佐藤愛子が、ヘトヘトでしぼり出した怒りの書。

4位 コンビニ人間 村田沙耶香著
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。

5位 人魚の眠る家 東野圭吾著
娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の2人。そんな彼等に悲報が届く。娘がプールで溺れた−。病院に駆けつけた2人を待っていたのは残酷な現実。そして医師からは、思いもよらない選択を迫られ…。

墨字本ベストセラーランキング

honto(ホント)月間ランキングです。(7月5日時点)
点訳や音訳の製作状況は、お気軽に当館までお尋ねください。

1位 君の膵臓をたべたい 住野よる著
偶然、僕が拾った1冊の文庫本。それはクラスメイトが綴った、秘密の日記帳だった?。〈名前のない僕〉と〈日常のない彼女〉が織りなす物語。

2位 アキラとあきら 池井戸潤著
片や零細企業の息子。片や大海運会社経営一族の御曹司。ふたりのアキラの数奇な運命が出会うとき、人生を賭した戦いが始まる。

3位 多動力〜全産業の“タテの壁”が溶けたこの時代の必須スキル 堀江貴文著
堀江貴文が、何万の仕事を同時に動かし、自分の人生を1秒残らず使い切る生き方を説く。

4位 魔法科高校の劣等生22 動乱の序章編 下 佐島勤著
後継者たちを集めた会議での達也の振る舞いは、他家との軋轢を生む。“全ては深雪を守るため”の達也の判断を支持する真夜。しかし、同時に十文字家と十山家への警戒を強めるのだった…。

5位 虚ろな十字架 東野圭吾著
中原道正・小夜子夫妻は一人娘の殺害犯に死刑判決が出た後、離婚した。数年後、今度は小夜子が刺殺されるが、すぐに犯人が出頭する。中原は、死刑を望む小夜子の両親の相談に乗るうち、彼女が死刑廃止反対を訴えてたと知り…。





図書館だより 目次へ



大阪府視覚障害者福祉協会

〒543-0072
大阪市天王寺区生玉前町5-25
大阪府盲人福祉センター内

TEL 06-6772-1766
FAX 06-6772-1767